人気ブログランキング |
カテゴリ:夏山満喫( 4 )
今年の夏はでっかい道の黒岳から旭岳へ縦走
 今年の夏休みは8月4日から6日までいただきました。
 前日までは北海道は雨模様だったので、雨の中の登山になるのかなあ・・・、と少々心配していましたが、なんと4日から6日は雨も降らず、頂上を極めた5日は、雲ひとつない晴天に恵まれました。
 おかげで私の腕も顔も日焼けであとが大変でしたが・・・。日焼け止めなど塗ることの出来ないので、致し方ないのですが・・・。

d0049160_1622364.jpg


写真は、姿見の池から旭岳を写したものです。旭岳は黒岳側から登るとまるであり地獄を思わせる急な砂地の斜面です。そして黒岳側からみる旭岳と姿見の池から見る旭岳が余りにその姿が違うのにも驚きました。

d0049160_16311766.jpg


 旭岳の頂上に着いたのは、もう午後の1時過ぎでした。少し雲が出始めてきましたが、しかしいい天気でした。

 翌日は山から完全に下りて、帰る前に旭山動物園に行ってきました。暑さにみんなくたくた。とりわけ白くまさんはかわいそう・・・。でもペンギンさんは、水の中を気持ちよさそうに泳いでいました。そうそう、なんと北海道で中板橋の民生児童委員さんにばったり会ってびっくりしました。日本はせまい・・ですね。

d0049160_16343357.jpg




d0049160_16351316.jpg

by BunBunMusic | 2008-08-14 16:39 | 夏山満喫
2007年は白山に登ってみました
台風5号が去ったあと、山の天気は落ち着くかと期待をしつつ、今年は白山に登りました。富士山・立山と並んで、日本三大名山といわれている白山でしたが、たしかにその大きさには驚きました。立山に比べても大きいと感じたのは、私だけでしょうか?


d0049160_12523566.jpg


あいにく天気は、不安定で、晴天かと思えば雷ごろごろ、きれいな星空を眺めていたかと思えば、ガスと霧雨、山の天気は本当にころころ変わると改めて痛感しました。















d0049160_12542135.jpg




それでも8月7日、午前7時過ぎにようやく山頂のガスも取れ、きれいな青空が少しの間でしたが仰ぐことが出来ました。

d0049160_1256716.jpg


室堂近くのお花畑は、本当にきれいでした。可憐な花々に疲れた体が励まされました。今回のルートは、一番一般的といわれる、のぼりは「砂防新道」、くだりは「観光新道」を歩きました。観光新道の馬のたてがみあたりでは、きれいな高山植物にいっぱい会えました。デジカメで撮ったのですが、どうもうまく撮れませんでした。




d0049160_12585444.jpg

 来年はどこに挑戦してみようかしら・・・。
by BunBunMusic | 2007-08-10 13:08 | 夏山満喫
今年は西穂高に登ってきました
d0049160_1637448.jpg
今年は西穂高に登ってきました。台風の影響が心配だったのですが、東京は大雨だったとき、西穂高の頂上は写真の通りにいい天気でした。
by BunBunMusic | 2006-08-15 16:37 | 夏山満喫
木曽駒ヶ岳・中岳・宝剣岳に登りました。
 8月7日、解散総選挙を気にしながら、中央アルプスの木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳に登ってきました。夏山というより、秋の気配が漂う山での休暇でした。
 あまりにも山と雲が魅せるショーに感激して、デジカメでいっぱい撮りました。
 駒ヶ岳頂上小屋の外で午前3時ごろ見た夜空は、カメラにおさめることはできませんでしたが、本当に星が満天でした。あんなに星がいっぱい輝く空は、久しぶりに見ました。
 翌朝、朝日を頂上で見ようと、駒ヶ岳の頂上へ・・・。でも雲が多くてなかなか顔を出さなかった太陽、そして雲の合間に顔を出してきたその瞬間、なんともいえずにっこり。
 宝剣岳は鎖場の連続で、スリルも少々あって楽しい山でした。鎖の連続から普通の山道に変わってからであった登山者の何人かは、登山靴もはかず、運動靴でした。ふと大丈夫なのかしらと不安がよぎりました。
 山から下りると待っていたのは「解散総選挙」でした。心もからだもリフレッシュ!がんばるぞ!
d0049160_13234728.jpg

by BunBunMusic | 2005-08-19 13:50 | 夏山満喫
  

命、生きることをなによりも大切に生きたい
by BunBunMusic
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30