人気ブログランキング |
<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
がん検診が無料で存続に
健康福祉委員会では、「『早期発見・早期治療』を支える健診事業を今までどおり、無料で実施することを求める陳情」が、板橋社会保障推進協議会から9月に提出されていました。その審議の中で、またこれまでの区の報告の中で、明らかになっていることに、乳がん検診以外の「がん検診」があります。当初、板橋区経営刷新計画では、新年度から「自己負担導入」が示されていましたが、医師会とも相談した結果、受診率を引き上げることを優先させるとし、「新年度については無料で存続」を決めたということです。区民のみなさんからの陳情や声が実ったことのひとつとして、うれしく思います。
 この4月からは、後期高齢者医療制度の導入で、これまでの区民健診が大きくそのスタイルを変えようとしています。一つは各々が加入している医療保険ごとに行う「特定健診」です。この健診の内容では、いわゆる成人病などにつながりやすいといわれるメタボリック症候群などの検査と指導が中心で、これまで区民健診として実施してきた検査項目がなくなっているものもあります。この間、これまでの内容についても実施をと求める陳情や、医師会からの強力な意見も反映され、区の一般施策として35歳以上の区民に対して特定健診で抜けた項目で必要な項目については、実施されることとなっています。また、65歳以上のかたがたについては、介護予防健診とあわせて区の一般施策の検診項目も受けることができます。
 気になるのは国からは健診事業は「自己負担」が前提とされています。さらに後期高齢者医療制度では、東京都の広域連合議会では「500円の負担」が決められたようです。それに対して区が自己負担を導入するかどうかですが、委員会では「受診率を引き下げるようなことのないよう、また区民の負担につながらないようにしたい」という答弁が出されています。1月31日が、新年度予算案のプレス発表ですが、みんなの声が届いて、きっと「無料」での健診事業が存続できると確信しています。
by BunBunMusic | 2008-01-17 16:18 | 健康福祉委員会
ようやくですが、ふたつの陳情項目が採択に!
 
d0049160_1544252.jpg

 1月15日に行われました「健康福祉委員会」は、継続となっている13本の陳情が審議されました。ようやくでしたが、その中で板橋社会保障推進協議会が昨年の9月に提出した「医師・看護師などを大幅に増員するための法改正を求める陳情」の2項目目、「医師の養成を大幅に増やし、勤務条件の改善を図るため、医師確保に向けて必要な法律を制定してください」について、全会派一致で採択となりました。国に対して意見書をあげることになります。
 もうひとつは、新日本婦人の会板橋支部が9月に提出した「安心して妊娠・出産できるようもとめる陳情」の1項目目、「母と子が健康な妊娠・出産を迎えられるよう、公費負担で14回までの妊娠健康診査費用の助成をお願いいたします」が、全会派一致で採択となりました。この内容については、新年度の予算に反映されると確信しています。
 深刻な医師不足に対し、各地方議会から改善を求める意見を上げることはとても大事です。この問題は特に不足している産婦人科、小児科の医師を養成は特に切実です。妊婦がたらいまわしになるような事態を起こさないように、国・各自治体あげて取り組むべきことです。
 委員会を終えてどうしても理解に苦しむことがあります。
 このように医師の確保や妊婦健診の助成を必要と感じる区の理事者、区議会議員が、どうして後期高齢者医療制度という差別制度を容認できるのでしょうか。命はみな平等です。どの命も守られなければなりません。そのためにこそ政治が最大の力を注ぐ大きな使命があると思います。命を守る医師の養成、母子の命と健康を守る事業の充実を願うならば、高齢者に対する負担を増やし、その命を守る医療に制限を持ち込む医療制度に「まちがっているのではないですか」という声をあげることが自然ではないでしょうか。
 東京都内77%の議会からその声が国に対してあがっています。この板橋でも・・・。そのためにもさらに区民のみなさんといっしょにがんばっていきたいと思います。
by BunBunMusic | 2008-01-17 15:17 | 健康福祉委員会
  

命、生きることをなによりも大切に生きたい
by BunBunMusic
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31